くれのママたちの作る、呉市の子育て応援!情報サイト
くれパステルバナー←『くれパステル』のHPはこちら

最新イベント情報はこちら→イベント情報
パステルメンバー随時募集中!お問い合わせはこちらまで!

このブログは広島ブログに登録しています広島ブログ
イクちゃんバナー.gif  イクちゃんブロガーやってます♪


2009年02月17日

「子ども学セミナー2008」に参加してきました

子ども学セミナー2008
〜子どもに関わる大人の為のおもしろ真面目な一日セミナー〜
に参加してきました。


開催日時:11月30日(日) 9:30〜4:30

会場:ビューポートくれ

講師:汐見稔幸(白梅学園大学学長)・柴田愛子(りんごの木代表)・藤本ともひこ(絵本作家)

主催:子どもの文化 麦っ子村(事務局:麦わらぼうし内)
s-CIMG3762.jpg 子ども学セミナー(藤本).jpg 子ども学セミナー(柴田).jpg 子ども学セミナー(汐見&柴田).jpg

講座:1 ‘遊びの名人'藤本ともひこさんの『親子で楽しむ!絵本ライブ♪』歌って踊ってしっかり笑った1時間半!

講座:2 一昨年くれパステルの講演会でもお話を聴かせていただいた柴田愛子さんの『子どもと子ども・子どもと大人のいい関係』りんごの木での実際に起こった出来事を交えての子育てが楽しくなるお話☆子ども同士、そして大人も子どもといいを関係作っていこう(#^.^#)

講座:3 NHKすくすく子育てや、「クレヨンしんちゃんは最高の子育ての教科書だ」といったユニークな子育て論・教育論で知られている汐見稔幸さんの『遊びの中で育つ自己肯定感』子ども達にとって大切な「遊び」をもう一度大人が見直さなくてはならないと実感。子どもにとってなぜ遊びが大切なのか?子ども達がしっかり遊びきれているか?これから「遊び」を見る目が変わる!

講座:4 汐見さんと柴田さんの夢のビック対談!
全国初の夢の対談が実現☆会場からのアンケート(質問)を交えながらの貴重な1時間でした!

<参加したメンバーの感想>

★午後の部の柴田,汐見両先生の講座を拝聴させていただきました。

最近、子育てもっと頑張らなくっちゃ、自分がもっとしっかりしなくては…。と、思っていたところがあって、不安が暗雲のように私の心を埋め尽くしていました。

時間が流れるように過ぎ去っていく忙しい日々の中、今日の半日は立ち止って、振り返って、これからを見て、今をいきいきと生きている子どもと、今この瞬間をかみしめて共に歩んでいきたいと思う、ひと時でした。

「ありのままの子どもを受け止める」「ありのままの自分を肯定する」両先生のお話の中で、私の心に響き、印象に残っている言葉です。

大変貴重な時間を過ごすことができ感謝しています。ありがとうございました。(ゆかこ)



★前半は幼稚園に上がってる年齢の子達はとっても楽しんでたみたいで、良かったと思います。大人の私もちょっと楽しかった(^-^*)
ただ、未就園児さん達にはやっぱりまだ内容が早かったみたいではありましたが…でもそれは、全ての年齢の子達に合わせることはできないんだし、仕方ないことだとも思います。分からなくてもお兄ちゃんたちが楽しんでる姿を見て「楽しそうだな〜」と感じるだけでも良いのかも?

後半は柴田先生のお話は、現役園長先生の実体験をまじえたお話はやはり聞いていて楽しかったし、我が子を幼稚園に通わせてる身としては興味深いものでした。しかし、それらのお話を全部通して、一つ何か筋(話のテーマ)が通っているともっと聴き応えが出て、聴いたあとに残る重みが違ってくるのではと思うと少しもったいない…先生のそんなお話も聴いてみたい気持ちがします。

汐見先生のお話は単純に言ってもとても面白く、しかしそれだけに終わらず話されることは(多くの資料を元に話されているからか)重厚で説得力あって…「私も今すぐ何かしなくちゃ!」と聞き手を鼓舞する力のある、聞き手にパワーを注入してくれるような講演でした。是非もう一度聴きたいです。
個人的にはダジャレが大変ツボにはまりました(^-^;)
(Uちゃん)

★ふじもとさんの絵本「いただきばす」は以前からわが家にありました。セミナーの前日も偶然に「いもほりバス」を幼稚園から持ち帰り、子ども達にも「明日、この絵本を描いた先生に会えるよ!」とワクワクして行きました。
歌が先に出来て、後から絵本になる といっておられましたが、本当に楽しい歌がいっぱい。大人も恥ずかしさなんか捨てて遊んじゃえ〜〜と親子で楽しませてもらいました。中でも「しらんぺったんごりら」はお気に入りで絵本を買いましたが、時々、歌が自然と口から出る二歳児です。
ふじもとさんにお会いして、遊ぶことを真剣に楽しむ大人ってステキだな〜って思いました。

柴田先生のお話は本当、随所に笑いあり、ストレートでもあり、楽しく聞かせていただきました。いつも思うのですが、先生の状況描写の細かさ、まるで様子が目に浮かぶようです。先生の観察眼の鋭さって本当にすごい!!て思います。

汐見先生初めてお会いしたのですが、背が高く、本当ダンディな方で、午前中の休憩時間に、テーブル出しを自然とお手伝いされていてびっくりしました。
初めは、昔の西洋の遊びの絵を見ながら、何の遊びをしているか、一個ずつ説明があり、正直、大学の先生っぽい講義だな〜と少し眠くなっていました。しかし、だんだんと話が核心に迫ってきて 引き込まれていきました。昔は空き地や路地裏が格好の遊び場であり、近所の異年齢の子ども達同士で遊びながらルールなども自然と身に付けて遊んでいたが、だんだん、産業、都市開発が進み、路地裏が失われ、外で遊ぶ姿がほとんど見られなくなっていった。公園も子どもが少ないし、家でゲームで遊ぶ...そんな子どもが大人になり家庭を持っている今....
〜もっと人との関わりを大事にしていかないといけないのではないか〜
横浜で親子で焼き芋を楽しむパパの会などの紹介もあり、地域で家族ぐるみで子どもを育てることの大切さを感じました。

対談ではチャチャッと話す柴田先生と穏やかに対応される汐見先生。夢の対談でとてもよかったです。
                    (ゆうくんママ)


★お昼もはさんで長い一日となりましたが、意外!あっという間に終わった一日でした!

午前中は藤本ともひこさんの絵本ライブで親子ともに盛り上がり(我が子は「すっぽんぽん」の絵本の中の言葉を何度も言ってます(^_^;))、午後からは柴田愛子さんのお話に気持ちが楽になったりほっとしたり…柴田さんの「子どもって、そういうもんなのよ」という、子どもの目線に立ったお話は日ごろ、つい「自分目線」になりがちな私にとって、もう少し「子どもが思うこと」を受け止められるようになりたいな…と思うお話でした。なんだか柴田さんからいっぱい元気をもらった気がします☆

そして、汐見稔幸先生のお話を聴いて、「自分にできることはなんだろう?」と考えさせられる内容でした。道路を日本中につくり、子ども達から遊び場を奪っていった社会にまた育てられたのが私達現代の親の世代。私達の子ども達に遊び場を取り戻してあげられるのだろうか…。「一緒に頑張りましょう」というエールが汐見さんのお話にはこめられているように思いました。そして昔の遊びって、イベントなんかでやっている時、今やっても面白い!って思うこと、多いですよね。自然の中での遊びも、昔ながらの遊びも特別じゃなくって「いつもの遊び」「いつもの風景」ってまた思えたらいいなぁ。
子ども達が大きくなり、社会に出てもしっかり生きぬいていける力は、子ども同士の遊びの中で培われるものなんだと思いました。

汐見さんと柴田さんの対談は、全国でも初!ということで私もワクワク(?)どんなお話がきけるのか?と楽しみにしていましたが、会場からの質問にお二人が違った視点からでもお話をしてくれて「うんうん、そうか…なるほど」と思えて、自分がした質問ではないとはいえとても役に立つお話を聴けたわ!と思いました☆

楽しい、そして、有意義な一日を過ごせました♪
主催の麦っ子村のみなさん、ありがとうございました!!

(てんこ)
posted by くれパステル at 22:00| 広島 ☁| Comment(0) | “くれパステル”活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: